男性の浮気について

男性の浮気について

浮気について科学的な視点から考えてみましょう 大井 浮気問題 浮気について科学的な視点から考えてみましょう。 男性は「テストステロン」というホルモンがあり、男性の身体に影響を及ぼすものとしては、数あるホルモンの中でもトップレベルのものです。 この「テストステロン」は男らしさを強めるホルモンで、一般的に男性ホルモンと呼ばれているのはこのテストステロンのことです。 ちなみに男性ホルモンが多いと髪が薄くなる、体毛が濃くなるといった話を聞きますが本当です。 このホルモンは「モテフェロモン」と呼ばれていて、女性を本能的に惹き付ける唯一の物質です。 何故テストステロンを放つ男性に女性は惹き付けるられるのでしょうか? それは生物的な根拠があり、そもそも恋愛とは種の保存や繁栄を目的とした感情システムです。 男性の場合、1日365日50年間で約18250人の子孫を残すことが可能で、種の繁栄をベースにしています。 一方女性は種の保存をベースにしており、30年間毎年産み続けて約30~40人程です。 女性は優秀な遺伝子を残そうと本能的に判断し、テストステロンの多い男性を好むという特徴があります。 また、一般的には若い女性ほどテストステロンの多い男性に惹かれ、年齢を重ねるごとに少ない男性に惹かれる傾向にあります。 若い人ほど本能に従い、年齢を重ねると世間体を気にするからです。 このテストステロンは普段の生活により、増えたり減ったりします。 このホルモンを簡単に増やすには筋肉トレーニングで、勉強や頭を使う行為は逆に減ってしまいますが、髪が薄くなりにくくなります。 浮気は倫理的な見解がされがちですが、科学的な視点から考えると奥深いです。 浮気調査は西日本リサーチが承っております。

 

熊本の探偵、豆知識

男と女の不思議な関係

探偵の考える「浮気」とは何を指すのか? 奥様はお大事に…「夫原病」は怖い病気です
探偵が伝授する言い訳や・嘘を見抜くには? 熊本でも問題(ドメスティックバイオレンス)
不倫男性はなぜ浮気するの? 浮気が疑われる行動
「産後クライシス」と離婚問題との関係 結婚を考えるときにチェック

熊本の浮気問題解決裏話

探偵と浮気問題 内縁関係について
熊本の男性はなぜ浮気するの? 不貞行為と浮気
浮気調査のコスト削減 探偵が考える浮気がバレない人

離婚についてのアドバイス

裁判離婚に必要な事由 離婚原因(悪意の遺棄)
離婚事由不貞行為とは? 結婚生活を継続しがたい重大な事由
離婚後の所得税を低く抑える 浮気の事実はあったが復縁したい

探偵会社との契約についてのアドバイス

探偵契約書面について こんな探偵に依頼したくない
調査契約の場所にもご注意を 契約時に必要なもの
依頼した探偵会社の調査方法  

下記内容のご依頼はお受けできません

差別に繋がる、出生地・出生に関する事。

預貯金残高、ローン残高などの財産に関する事。

盗聴、盗撮など違法行為に関する事(盗聴発見、盗撮発見調査は可能です)

工作行為(別れさせ工作、退職に追い込む工作)等は行いません。

(一社)日本調査業協会 定款第一条 暴力団排除宣言

久留米の探偵社、西日本リサーチの加盟する「一般社団法人日本調査業協会」は、定款第一条(目的)の設立趣旨にのっとり自 覚と誇りを持ち、適正な業務の提供に努めると共に調査業に対する社会的信頼を高める為、警察機関と連携して、暴力団及 び反社会的勢力を排除します

  • 私達は暴力団等反社会的勢力とは、一切の関係を遮断いたします。
  • 私達は暴力団等反社会的勢力とは、調査の請負などその他一切の取引を行いません。
  • 私達は暴力団等反社会的勢力による不当要求は、断固拒否します。
  • 私達は暴力団等反社会的勢力とはに関係する者の入会は認めません。
  • 私達は、関係者に対し、詐欺、暴力的行為、または、脅迫的言辞をもちいる事を認めません。
人権侵害・部落差別・違法調査は一切いたしません。
Copyright (C) 2010-2015 西日本リサーチ株式会社 All Rights Reserved.
2015/04/03 - 2019/10/04