DV(ドメスティックバイオレンス)

DV(ドメスティックバイオレンス)

繰り返される配偶者からの暴力は離婚の代表的な原因です。 妻からの離婚調停申し立ての動機のなかで、「配偶者の暴力」は「性格の不一致」に次いで2番目です。 4番目に多い「精神的に虐待する」を加えると最も多い数字になります。 以前は夫婦間での暴力行為は夫婦喧嘩、家庭内のこととして軽視されてきました。 今では暴力はどんな形であれ相手の尊厳を傷つけ、重大な人権侵害にあたるとして、「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律」か制定されした。 これが「DV防止法」です。 身体的な暴力だけでなく、言葉による侮辱や罵詈雑言を浴びせるなとの精神的な暴力、生活費を渡さない、支出を細かく監視するなどの経済的な暴力、性交渉の強要や避妊に協力しない性的な暴力なども含まれます。 DVに思い当たるところがある人は各地域にある配偶者暴力相談支援センターや警察に相談をお勧めします。 暴力で怪我をしたら写真を撮っておき、程度にかかわらず医師の診断を受け、診断書を書いてもらいましょう。 暴力の詳細を日記や録音で記録をとっておくことも大事です。

 

熊本の探偵、豆知識

男と女の不思議な関係

探偵の考える「浮気」とは何を指すのか? 奥様はお大事に…「夫原病」は怖い病気です
探偵が伝授する言い訳や・嘘を見抜くには? 熊本でも問題(ドメスティックバイオレンス)
不倫男性はなぜ浮気するの? 浮気が疑われる行動
「産後クライシス」と離婚問題との関係 結婚を考えるときにチェック

熊本の浮気問題解決裏話

探偵と浮気問題 内縁関係について
熊本の男性はなぜ浮気するの? 不貞行為と浮気
浮気調査のコスト削減 探偵が考える浮気がバレない人

離婚についてのアドバイス

裁判離婚に必要な事由 離婚原因(悪意の遺棄)
離婚事由不貞行為とは? 結婚生活を継続しがたい重大な事由
離婚後の所得税を低く抑える 浮気の事実はあったが復縁したい

探偵会社との契約についてのアドバイス

探偵契約書面について こんな探偵に依頼したくない
調査契約の場所にもご注意を 契約時に必要なもの
依頼した探偵会社の調査方法  

下記内容のご依頼はお受けできません

差別に繋がる、出生地・出生に関する事。

預貯金残高、ローン残高などの財産に関する事。

盗聴、盗撮など違法行為に関する事(盗聴発見、盗撮発見調査は可能です)

工作行為(別れさせ工作、退職に追い込む工作)等は行いません。

(一社)日本調査業協会 定款第一条 暴力団排除宣言

久留米の探偵社、西日本リサーチの加盟する「一般社団法人日本調査業協会」は、定款第一条(目的)の設立趣旨にのっとり自 覚と誇りを持ち、適正な業務の提供に努めると共に調査業に対する社会的信頼を高める為、警察機関と連携して、暴力団及 び反社会的勢力を排除します

  • 私達は暴力団等反社会的勢力とは、一切の関係を遮断いたします。
  • 私達は暴力団等反社会的勢力とは、調査の請負などその他一切の取引を行いません。
  • 私達は暴力団等反社会的勢力による不当要求は、断固拒否します。
  • 私達は暴力団等反社会的勢力とはに関係する者の入会は認めません。
  • 私達は、関係者に対し、詐欺、暴力的行為、または、脅迫的言辞をもちいる事を認めません。
人権侵害・部落差別・違法調査は一切いたしません。
Copyright (C) 2010-2015 西日本リサーチ株式会社 All Rights Reserved.
2015/04/03 - 2019/10/04