パートと偽り男と密会|事例紹介

パートと偽り男と密会

妻とは結婚7年目を迎え子育ても落ちつてきたとのことで、それまで主婦業に専念していた妻も平日はパートをするようになりました。
子供が学校に行っている間は毎日某スーパーのパートに出ているとの事ですが、妻の給与明細を見てみると明らかに僕が聞いていた勤務日数と給料の計算が合わない・・・。
「パートだと嘘をついて日中、よからぬ事をしているのではないか心配で相談にきた」
専業主婦の間は家事や家計、子供のことまで何でも献身的にこなしており、私も安心して仕事に取り組むことができていました。今でも家事はそつなくこなしていたので全く異変に気付けなかった。子供の事も考え、事実を明確にしたいと思っている。

探偵からご提案
奥様は普段から出勤やプライベートでも自身の車を使用し行動されているとの事で、車両にはGPSを取り付け、一週間の行動を確認、またパート先であるスーパー以外に立ち寄る場所の調査を行い、行動パターンを確認し、平日の5日間の張り込み調査を行う事をご提案。

調査の結果
GPSの確認では、5日間の内、1日だけ勤め先ではないショッピングモールに1日中停まっていた様子であった。すぐさま現地での調査を開始するが、車内を含め、店内にも本人の姿は見られない。数時間後に本人が単身駐車場に現れるがそのまま乗車し帰宅。状況から他の車両と乗り合わせて移動していたか、徒歩による移動と見られるため、日を改め調査員2名にて本人宅より一週間の張り込みを行う。初めの4日間は情報の通り、勤務先へ出勤(出勤が確認できた段階でその日の調査は終了)。しかし5日目に勤務先とは逆方向に所在する前回のショッピングモールを訪れた。本人は店内で小一時間ほどぶらぶらしており、買い物では無く待ち合わせが目的である様子が伺える。するとショッピングモールの前に停車した一台の乗用車の助手席に本人が乗車、そのまま同車両の尾行調査へ移行する。結果、本人は異性と浮気をしていたことが発覚。家族にはパートと嘘をつき、周に1,2回男性とホテルに行っていた様子であった。その後、調査プランを見直し、しっかりと証拠と男性の身元まで調べて欲しいとのご意向により、追加での調査を行った。

調査料金
調査料金:50万円(調査員2名:1ヶ月間・55時間)
着手金 :込み
下見調査:無料

下記内容のご依頼はお受けできません

差別に繋がる、出生地・出生に関する事。

預貯金残高、ローン残高などの財産に関する事。

盗聴、盗撮など違法行為に関する事(盗聴発見、盗撮発見調査は可能です)

工作行為(別れさせ工作、退職に追い込む工作)等は行いません。

(一社)日本調査業協会 定款第一条 暴力団排除宣言

久留米の探偵社、西日本リサーチの加盟する「一般社団法人日本調査業協会」は、定款第一条(目的)の設立趣旨にのっとり自 覚と誇りを持ち、適正な業務の提供に努めると共に調査業に対する社会的信頼を高める為、警察機関と連携して、暴力団及 び反社会的勢力を排除します

  • 私達は暴力団等反社会的勢力とは、一切の関係を遮断いたします。
  • 私達は暴力団等反社会的勢力とは、調査の請負などその他一切の取引を行いません。
  • 私達は暴力団等反社会的勢力による不当要求は、断固拒否します。
  • 私達は暴力団等反社会的勢力とはに関係する者の入会は認めません。
  • 私達は、関係者に対し、詐欺、暴力的行為、または、脅迫的言辞をもちいる事を認めません。
人権侵害・部落差別・違法調査は一切いたしません。
Copyright (C) 2010-2015 西日本リサーチ株式会社 All Rights Reserved.
2015/04/15 - 2016/04/07