パートナーの浮気が分かった時

パートナーの浮気が発覚した場合の対応や対応

もし、あなたのご主人が浮気をしている事が調査によって「ハッキリ」した場合。あなたはどのような行動をとられますか?どのように対処されますか?皆様それぞれのお考えがあり、対応の仕方も様々です。対象者が違えば、勿論性格も皆さん違うわけですから、対応の仕方も違ってきます。中には、素性を暴かれ逆切れして暴れだしてしまう人もいれば、土下座して泣きながら謝る人もいます。あなた自身は如何でしょう。証拠を突きつけ、心から謝って欲しいとお考えはあっても、実際には怖くて口に出す事が出来ず、そのままになってしまうケースであったり、カーとなって暴力を振るってしまう人もいます。大事な事は、現状を見極め。そして、相手に合わせて冷戦に対処することです。折角の調査を無駄にされないようにしなくてはなりません。当社では、調査後のアフターも万全な態勢で行っています。真実を知る事で、情況が悪化する事だけは絶対に避けなくてはなりません。

下記内容のご依頼はお受けできません

差別に繋がる、出生地・出生に関する事。

預貯金残高、ローン残高などの財産に関する事。

盗聴、盗撮など違法行為に関する事(盗聴発見、盗撮発見調査は可能です)

工作行為(別れさせ工作、退職に追い込む工作)等は行いません。

(一社)日本調査業協会 定款第一条 暴力団排除宣言

久留米の探偵社、西日本リサーチの加盟する「一般社団法人日本調査業協会」は、定款第一条(目的)の設立趣旨にのっとり自 覚と誇りを持ち、適正な業務の提供に努めると共に調査業に対する社会的信頼を高める為、警察機関と連携して、暴力団及 び反社会的勢力を排除します

  • 私達は暴力団等反社会的勢力とは、一切の関係を遮断いたします。
  • 私達は暴力団等反社会的勢力とは、調査の請負などその他一切の取引を行いません。
  • 私達は暴力団等反社会的勢力による不当要求は、断固拒否します。
  • 私達は暴力団等反社会的勢力とはに関係する者の入会は認めません。
  • 私達は、関係者に対し、詐欺、暴力的行為、または、脅迫的言辞をもちいる事を認めません。
人権侵害・部落差別・違法調査は一切いたしません。
Copyright (C) 2010-2015 西日本リサーチ株式会社 All Rights Reserved.
2015/04/15 - 2019/10/05