浮気調査

「浮気調査」・「不倫調査」の「プロフェッショナル」

ご相談にいらっしゃるご相談者の皆様、同じように「ご主人」や「奥様」あるいは「恋人」の浮気で悩まれ当社にご相談にこられます。
ただ、ご依頼人、一人一人の思いは違い、調査方法や調査後の対策も違います。
私達は長年の経験を生かし、ベテラン調査員のアドバイスは勿論、取引先弁護士からの法的なご相談も可能です。
尾行調査に於いては熟練されたスタッフによるプロフェッショナルな尾行で、真実を確実に証拠として記録いたします。
58年の歴史は偽りではありません。
他社で調査困難と断られてしまったお客様。また、自分で調査を行い警戒されてしまったご依頼人私達はお客様の立場になり、結果をお出しいたします。

 

「浮気調査」調査機材の充実

浮気調査は基本的には「人海戦術」を取る事が大事だと考えています。
しかし、どんなに調査技術が優れていても、人が行うことの限界があります。そこで、どうしても調査機材が必要となってくるのですがまた、同じくどんなに優れた機材があっても同じ事です。機材を扱う優れた人材が必要になります。
私達、西日本リサーチのスタッフ一同、常に向上心を持ち、確実な証拠取得を行えるように全力を尽くします。

 

「最近の浮気問題」に関する探偵ブログトピックス

 

「調査終了後」報告書を受け取られた後、あなたはどうされますか?

「浮気調査」「不倫調査」を、ご依頼されるにあたりまして、一番大事な事は、事実と直面された時「どのように対処」されるか考えてご依頼される事です。 下記に色々なパタンでの調査後の対処方法です。

  • 【「浮気調査」「不倫調査」をして様子を見る】
    今回が始めての浮気・不倫であれば、事実確認に留め詳細を把握する。状況を知った上で本人の行動を静観し、交際相手と接触していると考える場合はそれなりの対処する。
    または、短時間契約で「ピンポイント調査」を行い、さらに証拠を取得する。いずれにしても様子を暫く見られたら最終的に決断を下さなくてならないでしょう。
    調査対象者の対応を考えて結論を出してください。
  • 【「浮気調査」「不倫調査」にて交際相手の素性を知るに留める】
    ご依頼人が浮気調査を依頼され一番気にされることは、「本当に浮気しているのか」「相手はどんな人?」「どの位い浮気は進行しているのか」この三点がご依頼人の想いではないでしょうか?
  • 【浮気調査の報告書を元に離婚し、交際相手の女性を訴える】
    離婚は体力を消耗致します。ご依頼人が精神的に追い込まれる方も多いです。尾行を自分でする事だけは考えないでください。
    「浮気調査」を依頼し、弁護士にも依頼される事をお進め致します。
  • 【解決の糸口を元に、改善できる様に努力し対策を練る】
    現状の詳細を把握する事により解決の糸口が見えてきます。ご依頼人から頂きます貴重な情報を元に詳細を把握します。
  • 【相手の自宅、または浮気の現場に乗り込む】
    おすすめ出来ません。絶対にやめてください。

 

下記内容のご依頼はお受けできません

差別に繋がる、出生地・出生に関する事。

預貯金残高、ローン残高などの財産に関する事。

盗聴、盗撮など違法行為に関する事(盗聴発見、盗撮発見調査は可能です)

工作行為(別れさせ工作、退職に追い込む工作)等は行いません。

(一社)日本調査業協会 定款第一条 暴力団排除宣言

久留米の探偵社、西日本リサーチの加盟する「一般社団法人日本調査業協会」は、定款第一条(目的)の設立趣旨にのっとり自 覚と誇りを持ち、適正な業務の提供に努めると共に調査業に対する社会的信頼を高める為、警察機関と連携して、暴力団及 び反社会的勢力を排除します

  • 私達は暴力団等反社会的勢力とは、一切の関係を遮断いたします。
  • 私達は暴力団等反社会的勢力とは、調査の請負などその他一切の取引を行いません。
  • 私達は暴力団等反社会的勢力による不当要求は、断固拒否します。
  • 私達は暴力団等反社会的勢力とはに関係する者の入会は認めません。
  • 私達は、関係者に対し、詐欺、暴力的行為、または、脅迫的言辞をもちいる事を認めません。
人権侵害・部落差別・違法調査は一切いたしません。
Copyright (C) 2010-2015 西日本リサーチ株式会社 All Rights Reserved.
2015/04/02 - 2019/02/19